光回線の「公式キャンペーン」と「代理店キャンペーン」の違いと条件のいい代理店の選び方

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

光回線のキャンペーンは比較検討する上で重要なポイント

光回線のキャンペーンには2つの種類がある

光回線を申し込みすると、現金キャッシュバックや商品券プレゼント、ゲーム機のプレゼントやポイントがもらえるなど様々な特典を受け取ることができます。
キャンペーン特典には、光回線事業者やプロバイダの「公式キャンペーン」と、代理店が独自に行なっている「代理店キャンペーン」があります。

光回線は申込み窓口によってキャンペーン特典が違う

プロバイダ公式のホームページや電話窓口から申し込みすると「公式キャンペーン」のみが適用されますが、代理店を経由して申し込むと「公式キャンペーン」に加えて「代理店のキャンペーン」も適用される場合が多いです。
そのため、一般的には代理店から申し込みしたほうがオトクな場合がほとんどです。

スポンサーリンク

光回線の「公式キャンペーン」とは

誰でも適用されるのが公式キャンペーン

光回線の「公式キャンペーン」は、同じサービスを申し込んだ人なら、だれでも同じように受け取ることができる特典です。
顧客が、自社の光回線と他社の光回線を比較したときに、他社よりも魅力的に見えるように、プロバイダが考えているキャンペーンです。

「公式キャンペーン」は、適用条件に当てはまれば、誰にでも同じように適用されるので、テレビCMや公式ホームページなどで、大々的に宣伝できるのが特徴です。

スポンサーリンク

光回線の「代理店キャンペーン」とは

代理店によって差が出るのが代理店キャンペーン

公式キャンペーンとは別に「代理店キャンペーン」というものがあります。
光回線には、営業活動や申込みの手続きを代行している「代理店」が多数あります。
代理店によって営業活動の方法には特徴があり、よく見かける家電量販店のほか、電話による案内、インターネット専業の代理店などさまざまです。

代理店キャンペーンは、特定の代理店からサービスを申し込んだ人だけが受け取ることができる特典です。

同じ光回線の看板を掲げた代理店であっても、経営している会社は違うため、代理店同士もいわばライバルです。
そこで、同じ回線を取扱う、他の代理店と比較されたときに自社が魅力的に見えるように、代理店が独自に考えているのが「代理店キャンペーン」です。

代理店キャンペーンは情報入手が難しい

代理店によって、力の入れ方は違うため、代理店キャンペーンに相当する特典がまったくなく、公式キャンペーンしか適用されない代理店もあれば、高額の現金キャッシュバックやゲーム機などのプレゼントがもらえる代理店もあります。

同じ光回線を契約するのに、窓口によって大きな差が出るわけですから、少しでもいい条件で申し込みしたいものです。

「代理店キャンペーン」はその代理店だけで提供されているので、それぞれ内容が異なります。
キャンペーン特典が広く公開されていることも少ないので、くまなく探したり問い合わせたりしながら、どこがお得かを比較する必要があります。

スポンサーリンク

代理店キャンペーンに差が出る2つのポイント

人気の代理店はキャンペーンの条件がいい

光回線の営業や受付をプロバイダに変わって行うのが、代理店の仕事です。
1件契約を受け付けるごとに入る「手数料」が代理店の収入源です。

この手数料が「代理店キャンペーン」の原資になっていると、ざっくり理解してよいでしょう。
手数料は、受付件数と比例して増えるので、取次件数が多い代理店はキャンペーンの条件がよいという傾向があります。

キャンペーンの条件がいい代理店は人気がでて取次件数が増える→もらえる手数料が多くなる→さらにキャンペーンの条件が良くなる というサイクルができて、どんどんキャンペーンの条件が良くなっていくという仕組みです。

相場よりも良すぎるキャンペーンは落とし穴がある場合も

光回線の契約以外に、セキュリティや無線レンタルなど、月額料金がかかるオプションでも、代理店手数料が入ってくる場合があります。
代理店キャンペーンで、光回線とセットで契約するオプションが決まっている場合がありますが、これはオプションの契約を受け付けたことで入ってくる手数料を、キャンペーンの原資として使っているためです。

キャッシュバックの条件が相場よりも高い場合は、同時加入するオプションや有料コンテンツが多い場合があります。
必要があるオプションであればお得ですが、必要のないオプションに加入してキャンペーン特典をもらってもあまり意味がありません。
条件を比較するときには、同時加入のオプションがないかを確認するようにしましょう。

条件のいい代理店を探し出すポイント

インターネット代理店を探すのがおすすめ

取扱代理店の数が多いサービスの場合、キャンペーンの条件を比較して検討するための情報を集めるだけでも一苦労です。
そこで、インターネット代理店に絞って、代理店を探すことをおすすめします。

代理店の収入源は代理店手数料なので、運営にかかる経費が少ないほうがユーザーに還元される金額も大きくなると言えます。
家電量販店や電話セールス、訪問営業などは、人件費などのコストが掛かります。
インターネット専業の代理店は、運用人員も最小限におさえられるほか、店舗やコールセンターも必要ありません。
そのため、ユーザーに還元するキャンペーン費用に、大きな金額を使うことができるわけです。