艦これ・DAZN「nuro光は海外IPが割り当てられる」デマに騙されてはいけない理由

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

NURO光が海外のIPアドレスを割り当てているというのはデマ

NURO光はグローバルアドレスが1個動的に割り当てられる

ツイッターなどでは、NURO光海外IP問題として「海外のIPアドレスが割り当てられる」「動画配信が見れなかったり、オンラインゲームでタイムラグが大きくなったりする」というデメリットが、まことしやかに語られています。

しかし、NURO光の利用者には、一般的なプロバイダと同様に、日本国内のグローバルIPアドレスが1個割り当てられています。

NURO光で割り当てられるアドレスは日本国内のもの

NURO光の契約者に割り当てられるIPアドレスは、NURO光の運営会社であるソニーネットワークコミュニケーションズが正規に取得したもので、日本国内のIPアドレスです。

NURO光を契約すると、海外のIPアドレスが割り当てられるというのは、まったくのデマで、そのような事実はありません。

スポンサーリンク

NURO光は海外からのアクセスとして誤判定されるケースがある

ドイツからのアクセスとして判定されることがある

NURO光は、正規に取得した日本国内のIPアドレスを利用者に割り当てしていますが、一部で海外からのアクセスとして判別されるケースが確認されています。

国の判定を間違っているのが原因です

NURO光は日本国内を対象にした光回線サービスなので、当然日本国内からアクセスしているのですから、ドイツ経由で接続しているはずはありません。

単純に、動画配信サービスやオンラインゲームのサーバーが、地域判定を間違っているというのが原因です。

具体的には、92.202.○○○.○○○ のIPアドレスを割り当てられたNURO光ユーザーを、ドイツからのアクセスとして判定ミスしているサービスが確認されています。

スポンサーリンク

なぜNURO光は海外IPとして誤判定されるのか

2018年までドイツの事業者で使われていた

NURO光で地域判定ミスが確認されている 92.202.○○○.○○○ は、2018年まで実際にドイツで利用されていましたが、現在はnuro光が利用しているIPアドレスとして登録されています。

NURO光の利用者が海外からのアクセスとして判定されてしまうのは、判定している動画配信サービスやオンラインゲームが、古い情報を使っているからと想定されます。

スポンサーリンク

IPアドレスで国を判断するGeoIPという仕組み

IPアドレスを使った国判定は推測でしか無い

そもそも、IPアドレスだけでは、どの国からアクセスしているかを正確かつ瞬時に判別することは不可能です。

IPアドレスは全世界で一意のものなので、どのIPアドレスを誰が使っているかは、データベースで管理されていて、その都度データベースに確認すれば、最新のデータを得ることができます。

しかし、莫大なアクセスがあるサービスでは、その都度確認して判別するのは現実的ではありません。

そのため、IPアドレスと国を対応させたデータベースを作って、どの国からのアクセスなのかを推測する、GeoIPという技術が開発されています。

多くのサービスでは、このGeoIPを使ってアクセス元の国を推定しています。

スポンサーリンク

古いデータベースを使っているとNURO光が誤判定される

古いデータベースは更新されていない

GeoIPのデータベースとして、広く利用されてきたのは、GeoLiteという無料のデータベースですが、現在はGeoLite2にバージョンアップされています。

すでにGeoLiteのデータ更新は終了しているため、2019年1月時点の古いデータのまま止まっています。

実際に、92.202.○○○.○○○ のIPアドレスを、GeoLiteのデータベースで判定すると、ドイツになりますが、GeoLite2では、日本として判定されます。

仮に、古いGeoLiteのデータベースを使用して地域を判定している場合、nuro光の一部アドレスはドイツのままになってしまうのです。

エイジングも意味がない

IPアドレスを割り当てられたNUROが、データベースに反映されるまでの一定期間、IPアドレスをユーザーに使用しない方法もあります。
実はIPアドレスの割り当て変更は頻繁に行われています。

「エージング」と呼ばれる方法で、これまで一般的に行われていますが、今回はデータベースが反映されないため、あまり意味がありません。
実際に、NUROで海外IPアドレスが利用開始されたのは、2019年2月ごろですが、1年たった2020年2月現在でも誤判定の問題は解決されていません。

スポンサーリンク

NURO光海外IP問題に対応すべきなのはサービス側

プロバイダとして技術的に対処できる方法は存在しない

NURO光でアクセスできないサービスやサイトがあるのは事実ですが、その責任はNURO光を運営しているSo-netにはありません。

その責任は、国内の利用者で国内のIPアドレスを利用しているのに、海外からのアクセスとして誤判定しているサービス側にあります。

海外アクセスを制限しているのは動画配信サービス事業者の都合

動画配信サービスやオンラインゲームの企業が、海外からのアクセスを遮断するのには、海外との接続回線費用を減らす目的や、契約や権利上海外には提供できないなどの理由があります。

しかし、動画配信サービスやオンラインゲームは、正規の利用者にアクセスしてもらってなんぼの商売です。
不正確なデータをもとに、日本国内の正規ユーザーを排除してしまっては何の意味もありません。

たとえば、DAZNはNURO光の利用者を海外からの利用者として判定するケースがあることを把握していますが、まともに対処しておらず、利用者側での対策を案内しています。

■ NURO光をご利用のお客様へ
現在のところ、ご利用のIPアドレスにおきまして、海外と判断されてしまうお客様がいらっしゃいます。大変恐れ入りますが、NURO光サービスにおきまして、IPアドレスが日本国内のものと判断されるか、ONUの再起動を繰り返し行なっていただくよう、お願い申し上げます。
https://my.dazn.com/help/different-country-jp

一部のプロバイダユーザーを差別的に取り扱っている動画配信サービスやオンラインゲームは、いち早く誤判定問題を解決すべきでしょう。

DAZNへの連絡方法

https://my.dazn.com/contactus
アカウントの種類 : DAZN
お問い合わせの種類を選択してください : ログインに関する問題
お問い合わせの内容を選択してください : ログインができない
お問い合わせの詳細を選択してください : ブロックされている
問題の内容 : 光回線をNURO光に変更したところ、海外からのアクセスであると判定されてしまい、DAZNを視聴できなくなりました。
プロックの解除をお願いします。
IPアドレス : (アドレスを記入)

結論
NURO光 は海外のIPアドレスが割り当てられるというのはデマ!
困っているnuro光ユーザーは、データベースの更新をサボって、国の判定を間違っているサービスにはきちんとクレームを入れましょう。